大河ドラマ最後は

NHK大河ドラマ「風林火山」は最終回を迎え川中島の戦いを2回に亘って放送するほどの熱の入れようだ戦国時代最大の決戦川中島で対峙した武田軍と上杉軍は睨み合ったまま最初に動いた方が負けると互いに動かなかった やはり両軍の軍師上杉軍の宇佐美定勝 武田軍の山本勘助の戦いの機微を知り尽くした者の読みがそうさせたものだったと思う。勘助の考えた啄木鳥の戦法は間違いではなかったと思うが妻女山になぜあれまでの軍勢を向かわせたかは疑問だ勘助の軍師としての勝負勘がこの時ばかりは鈍っていたのだろうか?勘助の啄木鳥の作戦により戦いは一気にクライマックスに向かうがこの川中島の戦いにおいて目を見張るものは両軍の武将たちの乾坤一擲の戦いに臨む気構えが戦いの前から死を賭しており、その心構えにおいては戦国時代のどの武将たちよりも抜きん出たものだったのではないだろうか
勘助も又自軍劣勢を悟り妻女山から見方の軍勢が戻るまでの時間を稼ぐために遥として死を覚悟の戦場に繰り出でて行くのである、正に両軍とも武田・上杉両将と家臣達との絆の強さがこの場で現れたのだろう

>>山本勘介をもっと知るならこちら
| 軍師
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。